ご意見・お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー
EST普及推進事業とは ESTを目指して ESTデータベース ESTリンク集
* *
Loading
*   *
  交通エコロジー・モビリティ財団 交通環境対策部
中国・四国EST創発セミナー
内容
     地球温暖化防止に向けて京都議定書が批准され、2008年から6%削減に向けた約束期間に入ります。京都議定書目標達成計画では、「環境的に持続可能な交通(EST)の実現」を掲げ、全国27地域においてモデル事業を開始しています。
 このセミナーでは、地方自治体、交通事業者や一般企業、市民団体の皆さまに、地球温暖化防止に向けた交通環境対策を始めていただくことを期待し、公共交通利用促進をおこなう意義や方法などを説明した後、中国・四国ブロックでESTモデル地域として選定された、広島市、松山市の事例を紹介しました。
     
日時
    平成19年12月6日(木) 13:30〜16:30
     
会場
    岡山コンベンションセンター 407会議室
〒700-0024 岡山市駅元町14番1号
TEL:086-214-1000
     
プログラム
   
1.
  開会挨拶
2.
  報告(国土交通省総合政策局環境政策課)
「運輸部門の地球温暖化対策と環境的に持続可能な交通(EST)の現状について」
3.
  講演(1)(岡山大学大学院環境学研究科 谷口守教授)
「環境にやさしく、まちを元気にする公共交通利用促進−都市構造の視点もふまえて−」
4.
  講演(2)(広島市道路交通局道路交通企画課)
「事例紹介:広島市における人・環境にやさしい交通体系づくり」
5.
  講演(3)(松山市都市整備部総合交通課)
「事例紹介:環境にやさしいまちづくり交通計画 〜松山市〜 」
6.
  意見交換
「環境にやさしく、まちを元気にする公共交通利用促進」
7.
  閉会挨拶
    講演録はこちら
     
主催
    EST普及推進委員会、中国運輸局、四国運輸局
     
事務局
    交通エコロジー・モビリティ財団
     
参加者
    43名
     
     
 
*   *
 
*